読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

新機種

 で、MSの「X-Box360」、SCEの「PS3」、任天堂の「REVOLUTION」など、新機種のデモ映像を3時間ぐらい見たわけですが、ゲーム映像のインパクトという点で言うと、すごいことはすごいんだけれども、一年ぐらい前から見ているPS2の『大神』のデモ映像や、二年前から見ている『ハーフライフ2』の映像を超えるようなインパクトのある映像はさほど無いなあ、というのが正直なところです。

 ビジネスモデル云々とかを無視して、すごく個人的な欲望を言ってしまうと、開発者にとっての作りやすさが劇的に向上するだとか、決定的な新しさの無い新ハードなんて、当分は出してほしくない。とりあえず5年周期で出すのとかやめてほしい*1。結局、ハードが交代してもそこで発売されるゲームに圧倒的な魅力を感じられない限り、「次世代機への乗り換え」なんて事件は一ユーザーにとってみれば新作をプレイするための必要環境が一新されてキャッチアップする出費が増える、という面倒な事態としてしか感じられない*2ので、ホントにやめてほしいなあ、と。この程度の新しさでしかないのならば、自分はハードよりもソフトに金を出したいです。

 …などと言っている、あまりにありがちで素朴でフツーな、一ゲームユーザーの声としてしか聞こえない、という感じもするかもしれませんが、ホントにこの問題は次世代機への以降に関する話としては、スルーしてはいけない話です。結局PS2が発売された2000年ごろに、何パーセントのゲームユーザーが離れたかと言えば、それってやっぱりすごい数だったわけで、『CESAゲーム白書』によれば、テレビゲームを「現在も継続的にやっている」と答えた一般人の割合は、1999年に39.2%だったのが、2000年にはガックンと落ちて27.7%まで減少してます*3
 アタリショック*4が起こる!などと馬鹿なことを言うつもりはないですが、このままだと、自分ですらホントにゲーム離れをしそうな勢いがあるので、新機種とか出すのどうにかやめてくれないかなあ、嫌だなあ、と。*5

 ネガティブといわれるかもしれませんが。

*1:今回の、PS3の発表なんかは、ハードの開発が遅れているであろう、と言われている中、E3でライバル他社が発表するのに対抗するために、なんとか間に合わせて発表した、みたいな印象が強かったです。

*2:せめて、新作が主に発売されるハードの移行スパンが今の3、4倍ぐらいのゆるやかさであればいいんですけどね。そこらへんは、もちろん一社の思惑でどうこうしようと思っても難しいのは十分よくわかりますが。

*3:もちろん、この減少の全てがPS2へと新作ソフトのメイン戦場が移行したためだ、と完全に断定することまではできません

*4:うちのサイトをのぞいている人でも意外と知らない人がいるようなのですが、知らない人は、『ITmedia Games』の小林仁さんのレポートが多分わかりやすいです→http://www.itmedia.co.jp/games/articles/0505/27/news095.html あと、http://d.hatena.ne.jp/hally/20040514http://d.hatena.ne.jp/hally/20040523 の記事も必見。

*5:http://www.asahi.com/special/webvote/list0504.html#050518 このアンケートの示すほどまで自分は冷めたりはしてませんが。