読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

DiGRA関連広報1

お手伝いしております、DiGRAのほうの広報です。

DiGRA2007準備状況レポート

2007年9月24日から28日にかけて、日本デジタルゲーム学会DiGRA
JAPAN)は、デジタルゲームの国際会議「DiGRA 2007(The Third
Digital Games Research Association International Conference)」
を開催いたします。


改めてDiGRA2007について説明いたしますと、DiGRAは、2003年より開
催されているデジタルゲームの国際会議であり、世界中の研究者たち
の間で、最新のデジタルゲームに関する研究・開発の発表と、国境を
越えた産官学の交流がおこなわれています。


第3回目に当たる今回の国際会議は、東京大学において、経済産業省
が実施する「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」の一環として、
東京ゲームショウの翌週に、CEDEC(日本のゲーム開発者のカンファ
レンス)とともに開催されます。


先日、DiGRA2007プログラム委員会およびレビュー委員会は、投稿さ
れたデジタルゲームに関する論文170本の厳正な査読をおこない、103
本の一般報告と16本のポスター発表の採択を発表しました。投稿され
た論文のクオリティは例外なく高く、世界的に著名な研究者・開発者
による基調講演3本とシンポジウム約10セッション、ラウンドテー
ブルをあわせ、DiGRA2007が質量とも比類なく充実したデジタルゲー
ムの国際会議になることは間違いありません。


さらに、DiGRA 2007組織委員会ならびに事務局は、DiGRA 2007の参加
登録受付を公式ウェブサイトで開始いたしました。参加費は、正会員
が35,000円(早期登録30,000円)、学生会員が20,000円となっていま
す。


  参加申込ページ
http://www.digra2007.jp/RegAccom.html
http://www.digrajapan.org/modules/tinyd3/index.php?id=5(日本語)

日本デジタルゲーム学会会員の方には特別割引が、また7月31日まで
にお申し込みの方には早期登録割引がそれぞれ設定されています。世
界のデジタルゲーム研究の最先端を知るまたとない機会ですので、ど
うかお早めにお申し込みください。