読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

標準的日本家屋におけるkinect配置の術

 「日本の狭い家屋に、kinectは適さない」
 
 という意見は昨今、数多くみられており、
 「Kinect、いいYO!」みたいなことをお話しすると、「井上さん家って、広いんですか?プチブルなの?」みたいなことを言われますが、余裕で六畳間に住んでおります。
 
 六畳間でも、意外とできますよ。kinect
 部屋の中央に、机やソファーがあると厳しいとは思うけれど、隅っこに配置してあればなんとか。

 特に重要なのは、対角線に配置すること
 kinectをプレイするのに最低で必要とされているのは、1.8m。3mの余裕はほしい、といわれていますが、
 標準的な六畳一間なので、たて3.5m、横2.6m。対角線をとると、4.36m。この対角線のところに配置するのが一番余裕がもてます。

 具体的には、こんな配置。

 ベッドがかなり邪魔だけれども、まあ、なんとか稼働中。

 あと、どうしても跳んだりはねたりするゲームになるので、

 一階へのお引っ越し推奨