読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

井上明人/2015年度・業績リスト

2015年度やったこと、はっときます。

公開できないものや、チームで関わったプロジェクト等についてはけっこう省いています。

 

 

■書いたもの

1,井上明人,「中心をもたない、現象としてのゲームについて」,2015年10月よりPLANETS/第二次惑星開発委員会にて連載中

2,井上明人,「Game Reviewers can’t notice innovation」,2015年5月,Replaying Japan 第3回大会 Proceedings,pp.112~114,査読有,
3,井上明人,「ゲームレビューのイノベーション評価能力について」,2015年8月,DiGRA Japan2015年 夏季大会 予稿集,pp.92~94,査読有,
4,井上明人福田一史、梁宇熹、辛注衡、向江駿佑、細井浩一,「CEROレーティングと売上からみた家庭用ゲームソフトの開発方針の合理性について」,2016年2月,DiGRA Japan2015年 年次大会 予稿集,,pp.177-182,査読有
5,井上明人,「遊びと真面目はなぜ分化しつぃまうのか―融合と分裂をめぐる仮説構築の試み―,2016年2月,コンテンツ文化史学会 2015年度大会 予稿集,pp.18~20,査読無,
 
■研究発表等
1,井上明人,「Game Reviewers can’t notice innovation」,2015年5月,Replaying Japan 第3回大会,
2,井上明人,吉永大祐、山口真一,「ウェブ社会とゲームに関わる定量的研究のこころみ」,2015年8月,DiGRA Japan2015夏季大会,
3,井上明人,「ゲームレビューのイノベーション評価能力について」,2015年8月,DiGRA Japan2015夏季大会,
4,井上明人,「カイヨワ的な遊び論を議論する~どう学際的に捉え直すか~」,2015年9月,多元化するゲーム文化研究会,
5,井上明人,「遊びと真面目はなぜ分化してしまうのか―融合と分裂をめぐる仮説構築の試み―」,2016年2月,コンテンツ文化史学会 2015年度大会,
6,井上明人,福田一史、梁宇熹、辛注衡、向江駿佑、細井浩一,「CEROレーティングと売上からみた家庭用ゲームソフトの開発方針の合理性について」,2016年2月,DiGRA Japan2015年 年次大会,
7,松永伸司、井上明人福田一史、細井浩一,「研究マッピング(ゲーム領域)プロジェクトの実施状況と課題」,2016年2月,DiGRA Japan2015年 年次大会,

■ほかに関わった出版物
1,角川アスキー総合研究所『ゲームってなんでおもしろい?』,2016年3月,,PP.136~155についてインタビュイーおよび、年表作成補助

■その他の活動(報道発表や講演会等)
1,#denkimeter,第一学習社、高校三年生向け英語教科書『Vivid Communication』にて#denkimeterが掲載,2015年4月,
2,「Gamificationの最新動向」,株式会社Akatsuki社内勉強会にて講演,2015年6月10日,
3,「ソーシャルゲーム先行者利益はいかにして破られたか」,GLOCOM ERPセミナー,2015年7月3日,
4,「ゲーミフィケーションとは何か」,立命館大学土曜講座 於 立命館大学,2015年7月11日,
5,「Cool Japanとは何か」,高崎高校の学生さんへの講演,2015年9月7日,
6,スーパーマリオはなぜ流行ったか/マリオ30週年によせて(コメント),NHK News Web および、NHK Worldにて2015年12月に放映,2015年12月,
7,ゲーミフィケーションとは何か(インタビュー),聖教新聞に掲載,2016年3月,
8,ビジュアルノベル「地方病(日本住血吸虫症) Wikipedia 日本語版より」を発表,2015年10月

■担当した授業
1,立命館大学 先端総合学術研究科 特殊講義IV(ゲームの現象論/春学期のみ/大学院生向け)
2,関西大学 総合情報学部 特別講義(ゲーム産業論)(春/秋)
3,関西大学 総合情報学部 テーマ別研究(ゲーミフィケーション)(春/秋)

 

 

 

むかしの業績リストはこちら

 

*2014年度分

2014年度/井上・業績リスト - Critique of Games メモと寸評

 

*2011年まで

Critique Of Games ―ビデオゲームをめぐる問いと思索―: work アーカイブ

 

2012年~2013年は多すぎてめんどくさかったので、雑なのしかつくってません…