読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

井上明人/2016年度・業績リスト

 年度末がおわってようやく少し落ち着いてきましたので、昨年度のものを貼っておきます。抜けているものがあったらすみません…。トピックレベルでは、ポケモンGOと、トランプにおわれた一年という感じでしたが、労力としては、2015年度同様、PLANETSの連載中心をもたない、現象としてのゲームについて」と、立命館での各種プロジェクトで労力の8割ぐらいを占めている感じです。

 

→2015年度のものは下記を参照

http://hiyokoya.hatenadiary.jp/entry/2016/05/19/153452

 →2011年まで更新してたもの

http://www.critiqueofgames.net/about/work/

 

■書いたもの

  1. 連載「中心をもたない、現象としてのゲームについて」第5回~第14回 現象としてのゲーム - 記事検索 - ニコニコチャンネル
  2. 2016年8月15日  Kazufumi Fukuda, Akito Inoue, Koichi Hosoi "Proposal and Validation of the Data Model of Video Game Database" Replaying Japan 2016 proceedings
  3. 同上、Akito Inoue, Kazufumi Fukuda,"Distinctive difference game titles between Japanese context and English context" Replaying Japan 2016 proceedings

    https://home.uni-leipzig.de/jgames/replayingjapan2016/program/

  4. 2016年9月 「勉強を楽しくする“ゲーミフィケーション”のススメ」『螢雪時代』旺文社 https://www.obunsha.co.jp/product/detail/033619

  5. 2016年11月17日 「ドナルド・トランプゲームなるものを考えてみた」https://news.yahoo.co.jp/byline/inoueakito/20161117-00064514/

  6. 2017年1月27日「コミュニケーションの複雑さを諦める自由 ゲームを通じた新しい自由について」 『ユリイカ:ユリイカ2017年2月号 特集=ソーシャルゲームの現在』青土社

  7. 2017年3月11日 DiGRA Japan 2016年度年次大会予稿集 福田一史、井上明人、細井浩一「ゲームDBのためのデータモデルに関する検討: LODの適用を主たる 課題として」
  8. 2017年3月11日 DiGRA Japan 2016年度年次大会予稿集 井上明人福田一史「何が「重要な」ゲームなのか?―賞、売上、博物館等におけるゲー ムタイトル選出の偏り 」
  9. 2017年3月11日 DiGRA Japan 2016年度年次大会予稿集 高橋 志行、井上 明人「会話型ロールプレイングゲームにおけるテキストチャットの研究: テキスト計量分析の視点から 」
  10. 2017年3月15日「日本国内におけるゲーム批評史」『平成28年度 メディア芸術連携促進事業 ゲーム研究の手引き』

 

■関わった主たる事業

  1. 平成28年度 ゲームアーカイブ所蔵館連携に関わる調査事業」 立命館大学ゲーム研究センター 実施報告書:http://mediag.jp/article/rits-gamearchive/
  2. 平成28年度 メディア芸術連携促進事業 研究マッピング(ゲーム領域)」

    http://mediag.jp/article/game-mapping2017/

   ほか

 

■登壇・出演など

  1. 2016年9月1日 イシイジロウ×井上明人×中川大地×平林久和×宇野常寛「ゲームは世界をどう変えてきたのか ——〈拡張現実の時代〉から展望する未来学」(Hikarie+PLANETS渋谷セカンドステージvol.13)

    http://peatix.com/event/191678?lang=ja

  2. 2016年10年27日 登壇 於 ゲンロンカフェ 井上明人 × さやわか「さやわか式☆現代文化論#28 ポケモンGOは社会を/ゲームをどう変えたか」http://genron-cafe.jp/event/20161027/
  3. 2017年11月4日 2016年度 RCGS第4回定例研究会「韓国のゲームとゲーム研究を(再)発見する──ユン・ヒョンソプ教授の講演とワークショップ」

    http://www.rcgs.jp/2016/10/114rcgs20165-20161141620193016201720173.html

  4. 2017年2月11日 登壇 科研費研究集会「ゲームの美学 ゲーム的リアリズム2.0 ──バーチャルリアリティからポストリアリティへ」http://y-labo.wixsite.com/home/blank-18
  5. 2017年2月26日 平成28年度 ゲームアーカイブ所蔵館連携に関わる調査事業 最終報告会(参考:レポート:http://mediag.jp/article/rits-gamearchive/
  6. 2017年3月25日 登壇「位置情報ゲーム×まちみらい~天保山GO!フォーラム~」http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/minato/0000394075.htm

■メディア出演・取材(ラジオ・雑誌・新聞等)

  1. 2016年5月20日 山口むつお「テレビゲームを大学がマジで研究!立命館大学の「ゲームアーカイブ・プロジェクト」がすごい」オクトピhttp://aucfan.com/article/ritsumei-15439/?platform=hootsuite
  2. 2016年7月25日 ラジオ出演「放送分配信直後から大ヒットの『ポケモンGO』ブームの本質とは?」▼鈴木謙介井上明人▼(TBSラジオ荻上チキ・Session-22」) http://www.tbsradio.jp/57587
  3. 2016年9月15日 ラジオ出演 Crossroads 820 In the Pocket エフエムあまがさき https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=801943129908732&id=581086225327758
  4. 2016年10月発売 「Oggi大学 第40講 ポケモンGOから未来を見る」『Oggi 2016年12月号』
  5. 2016年12月4日 ポケモン、進化の20年 巧みな仕掛けで子ども心ゲット:朝日新聞

  6. 2017年1月30日号 AERA 特集 依存から私を守る http://www.fujisan.co.jp/product/25/b/1455176/