Critique of Games メモと寸評

http://www.critiqueofgames.net の人のブログです。あんまり更新しません。

このブログについて

主にゲーム研究を中心とした研究関連のメモです。

 

プロフィール(井上明人 INOUE Akito):

メインサイトhttp://www.critiqueofgames.net

ブログ:

 

SNS

仕事でやっている or お手伝いしているサイト

7月3日土曜講座:社会を考えるためのゲーム

本日話したことの、簡単なメモです。

 

(1)議論の射程:

「社会」のありようについて考えるためのゲームを紹介する。

(※網羅的な紹介というわけではありません)


例:『We Become What We Behold』(2016)
https://ncase.itch.io/wbwwb

 

 

ゲームならではの表現(の一部)

・多彩で複雑な表現:インタラクティビディ
・社会の複雑な相互行為によって生じるメカニズム
・「体感することではじめてわかる」ことの理解
・沈黙の時間や繰り返し行動を体験・表現できる

本日の構成:作品群を3つに分けて紹介

相互行為のメカニズムを理解する作品
コミュニケーション行為:前提の歪みと、擬似的な「他者」の現前
実世界の記録そのものを使った「ゲーム」


(2)相互行為のメカニズムを理解する作品

作品例


発表者が関わった作品:『コモンズの悲喜劇』(2020)

昔からのゲーム

  •  『Simcity』(都市設計・運営)、『Civilization』(国家の設計・運営)

近年の作品

関連する概念

「合理的な愚か者」「複雑系」「自生的秩序」「シミュレーション」

論点
  • 前提の妥当性と、複雑な計算の正しさ(REF:妥当性 Validation と正当性 Verificationの区別)
  • 前提の再帰的変化:一般に、ゲームプレイのルール(行為環境の前提)は変化しない →ノミック、前提自体を問うためのゲーム http://masa.o.oo7.jp/minimum_nomic_jp.html
  • ゲームが「前提」自体の歪みを扱うことはできるのか?

 

 

(3)コミュニケーション行為:前提の歪みと、擬似的な「他者」の現前


作品例


発表者が関わった作品:『マナーな食卓』(2021)
https://www.youtube.com/watch?v=nfaeXyOrPhg

近年の作品

その他の作品

  • デトロイト:ビカム・ヒューマン』(2018)
  • 『papers, please』(2013)
概念

他者の「顔」の現前(レヴィナス
・社会派というより、ある種「文学的」なゲームで盛んに表現されてきたもの
ICO』(2001)、『UNDER TALE』(2015)
論点
あくまで、社会的問題の再構成などにとどまり、ドキュメンタリー映画のように、
現実の素材そのものを、扱えてはいない。
『attentat 1942』(2017)Charles University, Czech Academy of Science,
https://www.youtube.com/watch?v=-M9UK89K93M
『1979 Revolution:Black Friday』(2016)iNK Stories,

(4)実世界の記録そのものを使った「ゲーム」

作品


発表者による作品:

デジタルゲーム以外の広い意味での「ゲーム」的実践:「サボナ・メソッド」

概念

・ゲームならではの強みを使いにくい

・「ドキュメンタリー」をめぐる議論
  森達也によるマイケル・ムーア批判:主張なのか、現実の別のあり方を想像させるものなのか

論点

記録映像だと、「ゲーム」メディアの独自の表現上の強みを出しにくい
・「遊ぶごとに結果が変わる」ことがない
・「プレイヤーの努力」がどう反映されるのかがわかりにくい

 

(5)まとめ

ゲームならではの表現(の一部)
・多彩で複雑な表現:インタラクティビディ
・社会の複雑な相互行為によって生じるメカニズム
・「体感することではじめてわかる」ことの理解
・沈黙の時間や繰り返し行動を体験・表現できる
現状、ゲームメディアの課題となっていること
・ゲーム前提となるルールを随時変更していくこと
・現実の素材そのものを扱うこと

井口,2013, 現代日本の大学におけるゲームの利用と満足 -ゲームユーザー研究の構築に向けて-,情報通信学会誌 31(2), 67-76, 2013-09-25

ci.nii.ac.jp

 

  • 気晴らし 因子だけ、時間や金額と負の相関になっているのがおもしろい。気晴らし因子だけ、相関が負になるというのは、カイヨワ的な概念で言えば、「ルドゥス」「パイディア」の区分がはっきりと出ているポイントというのが、この論文でも改めて実証的に確認されたと位置付けてもいいかもしれない。
  • また、相関を各因子ごとに見るだけでなく、こういった内容であれば、共分散構造分析などで、もう少し複雑なモデルを組むこともできそう。
  • ちょっと古い(2013年)の論文なので、最近なだと、GUESSや、UESなどの論文も出てきており、ここらへんとの接続はしていけるとよいかな、と思う。たとえば、下記の論文など
    Phan, M. H., Keebler, J. R., & Chaparro, B. S. (2016). The development and validation of the game user experience satisfaction scale (GUESS). Human factors, 58(8), 1217-1247.

原稿掲載:アルゴリズムを批評するために(1)

『IT批評』のサイトに原稿を掲載していただきました。

『IT批評』という雑誌は、2013年頃にも、「2025年の未来」を2025年の人になりきったふりをして語るという謎の原稿を掲載していただいたのですが、

今回のは、ある意味、もう少し、普通(?)の原稿になります。

 

話としては、ゲームの話というよりはどちらかというと情報社会論的な話といったほうが近いです。ゲームのメタスコアだとか、食べログのスコアだとか我々の日常のなかに埋め込まれつつある情報集約のシステムを、癖のあるキャラのようなものだと思って接することが重要なのではないか、という話を2回に分けて書かせていただいております。

 

アルゴリズムを批評するために(1)

it-hihyou.com

アルゴリズムを批評するために(2)

it-hihyou.com

初期のビデオゲームについての論文リンク(随時更新?)

随時更新(するかも?)

 

NIMROD 関連

1940年のパテント文書

US2215544A - Machine to play game of nim - Google Patents

https://patents.google.com/patent/US2215544

 

 

1950-

An Early Danish Computer Game | SpringerLink

https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-03757-3_29

 

その他:

知らなかったが、Nimrodという旧約聖書の登場人物がいるらしい。

https://link.springer.com/chapter/10.1057/9780230610507_2

 

CRT娯楽機器

 

US2455992A - Cathode-ray tube amusement device - Google Patents

https://patents.google.com/patent/US2455992

 

 

OXO関連

 

A. S. Douglass creates OXO

IATテスト

近年人々の分断やら何やらが促進されているという話はあるが、意識下の差別的意識みたいなものの程度を測定しようというテストが大規模に実施されているというのは知らなかった。

 

implicit.harvard.edu

 

試しにひとつやってみたが、かなりこまかく作られていて、興味深い。私個人もむろん、意識下の偏見は確実にあったというのが可視化されてよかった。

 

新しいバージョン(英語)は下記のサイトでできるらしいが、

implicit.harvard.edu

 

研究成果が地域と紐付けられて描かれているのも良い。

https://implicit.harvard.edu/implicit/blog.html

 

いくつかの、測定上の問題はまだありそうではある。

あと、細かいこと言うと、この手のテストの紹介が、unconcious(無意識)の調査ということになっているが、こういうのは、subcouncious(意識下)と呼ぶようにしてほしい。

オンライン学習と自己調整型学習

MOOCについてのsystematic literature review

 

Wong, J., Baars, M., Davis, D., Van Der Zee, T., Houben, G. J., & Paas, F. (2019). Supporting self-regulated learning in online learning environments and MOOCs: A systematic review. International Journal of Human–Computer Interaction35(4-5), 356-373.

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/10447318.2018.1543084